2009/10/27

現場説明

今日は業者さんが集まって、現場説明を行いました。

リノベーションなので、現物を見ながら打ち合わせです。

リノベーション

地中梁の位置を確認しないといけない工事項目があります。
最初は少し解体して調べようと思いましたが、重機の入るスペースが取れないので
非破壊検査に切り替えました。

帰り道にセーリオさんに寄り道。

来週ビアンキのイベントがあるので念のために、
良く壊れるというシフトリンケージブッシュを買いました。シフトリンケージブッシュ

左の赤いほうは緊急用です。簡単に装着できるそうです。

分けていただきました。準備万端です。

(大阪北摂吹田を中心に住宅設計活動している建築設計事務所OSMA)


コメント

非公開コメント

既存建物の活用は今後の主流になっていくはずですので、またいろいろと教えてください。現行法の改正などで、比較的柔軟にはなってきていると思うのですが、やはり新築に比べると、調査とかいろいろ壁が多いですよね。もちろん安全性の確認は絶対必要なのですが、なんかお金がかかる事ばかりなような気がします・・・・ビアンキカレンダーいいなあ。

今までの仕事の中で一番法的に大変です。
今の法律では、昔の建物は壊してしまえというスタンスですから。

カレンダーいいでしょう。112に参加すればもらえますよ。