2010/04/10

強化シフトリンケージ取り付け

アウトビアンキA112に強化シフトリンケージ取り付けました。

さんハンドメイドでVer.3になります。

ほぼ自力で取り付けました!

まずは取り外し。

ノーマルシフトリンケージ

ノーマルはこんな感じです。ブッシュによって可動部分が組まれているのでこれが外れると
シフトチェンジできずに走行不能になってしまう、ビアンキの持病です。

アウトビアンキa112アバルト

外すとこんな感じ。

アウトビアンキアバルト

上から見ると、スカスカになりました。

強化シフトリンケージ

二時間かかってとりつけました。真剣にやりすぎて途中の写真撮り忘れてしまいました。

溶接は見た目より強度重視な感じが素敵です。

ヤマハRD登場

夕方になって白ビアンキ乗りのNさんがヤマハRDに乗って登場です。

買ったばっかりでピカピカです。

微調整

最後の微調整。
誰でも簡単に取り付けれるように調整ポイントは1箇所にみです。さすがKさん!

ここで工具の種類の少ない僕では対応できなくなり、ご近所のKさん本人登場です。

遊びすぎ

ついでに微調整お願いしました。もう少しクイックにしたかったので、
10ミリほどリンケージを延長して完成です。

終わってから家の前で紅茶で一服。うちの子供が白いビアンキを見て興奮してました。



劇的にシフトフィール良くなりました。カチッと入っていきます。

いままでいろんなビアンキのシフトチェックしましたが(個人的には)ダントツで一番です。

マニュアル車の楽しみは、やはりシフトフィール。

さらに楽しい車に仕上がりました。

(大阪北摂吹田を中心に住宅設計活動している建築設計事務所OSMA)






コメント

非公開コメント

いいですよねVer.3(笑)。
自分のよりフィーリングがいいのが、ちょっと悔しい出来だったりします(笑)

でもVer.3をベースに進化させれば!?といろいろ計画中です。

また良いもの作ってください。
国産の転用ブッシュの件も楽しみにしてます(笑)